サポーター

  1. HOME
  2. >サポーター
  3. >ジュエルカフェ

ジュエルカフェ

会社概要

会社名
株式会社クレイン
事業概要
ジュエリー(貴金属)の古物品(リサイクル品)買取事業
古物品(リサイクル品)及び新品の海外ブランド品買取事業
金券買取事業、経営コンサルティング事業
設立
平成17年11月1日
代表者
代表取締役社長 新垣 純
所在地
〒107-0062
東京都港区南青山5-6-26 青山246ビル
社員数
1,200名
関連URL
ジュエルカフェ 公式サイト
ジュエルカフェ Facebook
ジュエルカフェ Twitter
ジュエルカフェ YouTube

事業概要

ジュエリーの買取に専門特化したリサイクルショップとして、2007年に運営開始しました。“気軽に立ち寄れる”、“女性が入りやすい”、“おもてなしの接客”をコンセプトに、日本全国最大手の商業施設から地域密着の商店街等への出店で、2012年10月19日現在、北海道、東北、関東、中部、関西、中四国、九州、沖縄で347店舗を展開しております。海外へも積極的に展開し、テレビCM等も話題になっています。

植林についてのお考え

日本は木材の約8割を輸入する世界有数の木材輸入国として、輸出国の森林の減少・劣化を抑制するために、植林活動を積極的に行う必要があります。日本の発展のために海外の森林がなくなっている現状を受け止め、より多くの企業が植林活動などに関心を持つようになってほしいと願っています。

環境への取り組み

ジュエルカフェで取り扱っている主な製品、金・プラチナの資源について、その有限性(希少性)・偏在性が重要視されています。
○金の資源
【有限性】 可採年数=17年
【偏在性】 南アフリカ、オーストラリア、ペルーの3ヶ国のみで、世界の埋蔵量の35%を占める。
○プラチナの資源
【希少性】 原鉱石1トンにつき僅(わず)か3gの採取。
【偏在性】 南アフリカにおいて世界の埋蔵量の77%を占める。
その他、鉱山開発時に要する莫大なエネルギー、自然の改変を環境問題として、ジュエルカフェでは『ジュエリー買取』業務をサスティナブル(=持続可能)な金属リサイクルへの積極的な取り組みとして捉えています。

一言メッセージ

環境問題については、環境分野における企業の社会貢献活動と捉え、積極的に問題解決に取り組む必要があると考えております。ジュエルカフェで取り扱っている主な製品に使われている金・プラチナの資源について、その有限性(希少性)・偏在性が重要視されています。鉱山開発時に要する莫大なエネルギー、自然の改変を環境問題として、ジュエルカフェでは『ジュエリー買取』業務をサスティナブル(=持続可能)な金属リサイクルへの積極的な取り組みとして捉えています。私たちが行う買取業務は、単なるビジネスの枠を越えて貴重な資源を未来につないでいくための取り組みでもあります。

編集担当者からの声

アマゾン地区や東南アジアでは、鉱工業開発が熱帯雨林破壊の大きな現況の一つです。マレーシアやタイではスズの採掘事業がマングローブ林や河川沿いの森林を根こそぎにして押し進めました。熱帯雨林の減少は、生態系の破壊だけでなく、周辺環境にも多大な影響を与えます。 資源の再利用という点で、ジュエルカフェ様の事業活動は社会的意義の大きいものです。今後も今の勢いで躍進していただきたい企業様です。

▲TOP

サポーター

メールマガジン登録

社会貢献の一環として多くの企業が植林に取り組んでいます。 グリーンメモリアル植樹ブログ