活動内容 project

  1. HOME
  2. >活動報告
  3. >過去の活動報告

過去の活動報告

 
リサイクルトナーの森 ニュースリリース

中小企業でも簡単にできる有効なCO2削減策
2本のコピー用リサイクルトナーを買うだけで、2本の植林
オフィスサプライ業界初

 
 地球環境保護、中でも地球温暖化に対する危機感が急激に高まっている。地球温暖化によって気温や水温が高まり、洪水や旱魃、酷暑やハリケーンなどの激しい異常気象が起き易くなることで、農業や漁業を始め人間の生活全般への影響が次々と明らかになりつつある。今や、個々の企業、一人一人の個人レベルでも実行可能な温暖化阻止対策が急務だ。

 オフィス用トナーカートリッジを販売している株式会社アメニティシステムズ(古家正和社長 本社:東京都江東区、以下同社)では、コピー用リサイクルトナーを購入するとポイントを付与し、そのポイントでインドネシアのカリマンタン島に植林するという、オフィスサプライ業界では初めて、商品購入ポイントで熱帯雨林が再生できるシステムを構築し、2月から運用を開始する。リサイクルトナー2本のポイントで2本の植林ができる。このシステム構築のために、カリマンタン島で実際に植林事業を行うNPO(特定非営利)法人アジア植林友好協会(以下、同協会)と、基本契約を締結した。

 同社の古家社長は、「このシステムはリサイクルトナーの販売を伸ばせば伸ばすほど、植林数を増やすことができるという、企業のビジネス活動とCO2削減を両立させられる非常に画期的なものと考えています。今後、アメニティシステムズで販売するコピー用トナーすべてにポイントを付与し、植林活動に生かすことになります。このシステムを活用することで、年間で10,000本の植林、つまり、44,000トン(IPCCルールに基づき計算)のCO2削減を目指しています。」と語っている。

1.システムの概要
 同社で販売するコピー用リサイクルトナーを購入すると、ポイントを発行。2本のトナー購入で得られるポイント で2本分の植林が可能な金額を同協会に寄付。 同協会ではこの資金でインドネシアのカリマンタン島に植林 する。その際に、同協会では「CO2オフセット証明書」と「チーク植林木オーナー証書」を発行し、同社を通じ てトナーを購入したユーザーに渡す。

2.植林の概要
 植林するのは、商業林としてのチーク(ゴールデンバイオチーク)とメランティ(熱帯雨林再生に必要な地元の 原生種)の苗木。チークとメランティ、1本ずつ、合計2本を1セットとする。このゴールデンバイオチークは、通 常の3倍の早さで成長し、 10年後には伐採が可能。商業用のチークを伐採した売却益で再度植林が可能

3.なぜ、2種類の植林をするのか
 植林活動で最も重要なのは、継続性。植林すると、その後、長期間にわたっての維持管理が必要となり、費 用がかかる。その費用をまかなうためには植林活動と経済的利益とを両立させなくてはならない。したがって、 一方のゴールデンバイオチークは将来の売却を目的とし、そこでえられる売却益で活動を維持し、さらに次の 植林を可能にする。また、一方のメランティは、熱帯雨林再生を目的としている。
通常のチークは成木になるのに30年かかるが、ゴールデンバイオチークは3倍の速度で成長するため、植林 10年後には伐採し売却可能となる。

4.なぜ、インドネシア・カリマンタン島にしたのか
 「地球の肺」と呼ばれる熱帯雨林は、ブラジル、ザイールとインドネシアに集中しているが、「違法伐採」や「焼 畑による山火事」などにより急速に失われている。中でも、絶滅危惧種であるオラウーターンの住むインドネシ ア・カリマンタン島の被害は重大。1997〜98年にかけてカリマンタン島で起こった大火災で、570万haという 広大な熱帯雨林が焼 失し、植林が急務となっている。伐採や焼畑で植林が必要な総面積は6,000万ha。

5.ダブルのCO2削減効果
 コピー用トナーカートリッジを使い捨てにしなければ、2本でガソリン約2.5リットル分の省エネルギーとCO2削 減と な る。さらに、2本の植林により、CO2約4.4トンを吸収する。そのため、カートリッジのリサイクルと植林で ダブ ルのCO2削減効果が見込める。

6.2本の植林が100年後には3071本の森を再生
 植林したゴールデンバイオチークとメランティの内、メランティはそのまま保護するが、ゴールデンバイオチーク は10年後に伐採し、売却。この1本の売却益を使って4本(メランティ2本+ゴールデンバイオチーク2本)の 植林が可能になる。これを続けると、100年後には、最初の2本の植林が3071本になるという計算が可能。
  このことは、熱帯雨林のこれ以上の破壊を止め、地域住民の雇用機会の創出につながる。

7.売却利益はお客様に還元することも可能
 10年後の売却益は、上記の4本の植林に使わず、お客様に還元することも可能。


                                          【 株式会社アメニシステムズ概要 】

本社

東京都江東区牡丹2−12−2

代表者

代表取締役  古家 正和

設立

2004年12月6日

資本金

1000万円

年間売上高

1億円

特徴

リサイクルトナー販売、セキュリティシステム販売

ウェブサイトアドレス

http://www.amenity-systems.com

 

▲TOP

活動内容

植林寄付型自動販売機設置で社会貢献!! 社会貢献の一環として多くの企業が植林に取り組んでいます。 ビバ・グリーン植林ブログ