活動内容 project

  1. HOME
  2. >活動報告
  3. >日本の若者3名をインドネシアのバリ島で植林祭に派遣したい!

活動報告

日本の若者3名をインドネシアのバリ島で植林祭に派遣したい!  2014年8月28日(木)

地球に生きるすべての生物の生死を握る熱帯雨林の保護と再生活動を継続するためにNPOアジア植林友好協会は2002年に設立しました。
設立の想いは「地球を愛し、平和を愛する」ことを植林活動を通じて現地の人たちと交流をしたいとの思いからです。
2009年からバリ島で毎年植林祭を開催しています。
日本からも毎年10名内外の方に参加いただいていますが、ふと気が付いたら皆が60歳以上の皆さんでした。
「植林」は世代を超えて取り組むべきことなので、より幅広く、若い人たちに参加してほしいのです。
今回のプロジェクトで集まった資金で3名の若者を植林祭に派遣して、「植林」と「国際交流」を体験し、地球のことや環境のことをグローバルな視点で発想できる人材になってほしいということが目的です。
しかし、若者たちの渡航費が足りません。皆様のご支援いただけませんか。

★READYFOR?にてクラウドファンディングに挑戦中!!★
https://readyfor.jp/projects/shokurinsai
 是非応援お願いします!

NPOアジア植林友好協会
代表理事 宮崎林司
info@agfn.org

>>活動報告一覧へ戻る

▲TOP

活動内容

植林寄付型自動販売機設置で社会貢献!! 社会貢献の一環として多くの企業が植林に取り組んでいます。 ビバ・グリーン植林ブログ